“季節料理すぎうら"について

1950年代に早稲田大学の近くで始まった「天ぷら すぎうら」当店の一代目の母が営んでいたお店です。当時はお袋の味の魅力をお惣菜に込めて各家庭にお届けするスタイルから始まり、その後、天ぷらなどの和食の献立を中心とした地元の「定食屋」さんとしてご贔屓にしていただきました。

hanten2-3.png
hanten2-4.png
about01.jpg

時を経て平成元年の七月、地下鉄東西線・早稲田駅のすぐ側に「季節料理すぎうら」は、静かに開業いたしました。職場のご宴会やご家族集まっての会食、またお一人様でのお食事など、
シーンを選ばずに気軽に使えるお店として多くのお客様にご利用して頂いております。

hanten2-1.png
ご挨拶.jpg

​「天ぷら すぎうら」が実践していた「安くて美味しい」という信念は、今でも「季節料理 すぎうら」が引き継ぎ、さらに新しいかたちを日々追い求めております。

美味しい料理、たのしい食事は、心地よい「寛ぎ(くつろぎ)」の時間をもたらしてくれます。


そんな刻が日常で手に入る場所になるように、そして一人でも多くの方の日常に、料理を通じて幸せをお届けできるよう日々精進しております。

 

「たくさんの人に質の高い和食をお届けできるように」

 

ご来店されるお客様に至福の刻を過ごして頂けるよう、心を尽くしてまいります。

hanten1-1.png
正面.jpg